芥川龍之介について

芥川龍之介の本名について。

投稿日:

芥川龍之介、森鴎外、中原中也、谷崎潤一郎、坂口安吾……。なぜ文豪の名前というのはこんなにカッコいいのでしょうか。もちろん、ペンネーム、筆名である人も多くおり、後天的にカッコいい名前になった作家もたくさんいますが、芥川龍之介はどうなのか、をまとめてみました。

芥川龍之介という名前は本名。

ということで、芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)、というのはペンネームではありません。本名です。めちゃくちゃカッコいい名前ですね。

名前の由来は誕生日。

龍之介、という名前は、辰年・辰月・辰日・辰の刻に生まれたので、龍之介と名付けられたとかどうとか。なお、誕生日は1892年3月1日。上述のとおり、辰年・辰月・辰日・辰の刻に生まれたということですから、辰の刻は午前7時から午前9時なので、その辺りに生まれたのでしょう。

でも、本当は新原龍之介だった?

芥川龍之介のお父さんは新原敏三さんという方で、生まれたときは新原龍之介だったのですね。芥川というのは、お母さんの実家の方の名字です。お母さんは芥川フクさんという方でした。

この新原龍之介が芥川龍之介になぜなったのかというと、龍之介が生まれて間もなくお母さんのフクさんの精神状態がよろしくなくなり 、フクさんのお姉さんである伯母のフキさんの方に引き取られたのでした。フキさんの旦那さんは、芥川道章という方です。

ちなみに、フクさんが精神を病んでしまったのは、芥川のお姉さんであった長姉の新原ハツが亡くなったショックからだそうです。お姉さんであった、というのは芥川が生まれる前にもう亡くなっていたのですね。

それで、龍之介が12歳の時に正式に芥川道章の養子として迎えられ、新原龍之介は芥川龍之介となったのです。







-芥川龍之介について

執筆者:

関連記事

芥川龍之介全集

『戯作三昧』のあらすじ、解説、感想とかとか。

『戯作三昧』は、全十五章から成る芥川龍之介の短編小説です。大正6年(1917年)に大阪毎日新聞紙上にて発表された小説で、『南総里見八犬伝』などの戯作を書く曲亭馬琴(滝沢馬琴)が主人公の作品です。 曲亭 …

黒衣聖母

芥川龍之介『黒衣聖母』のあらすじ、感想など。

『黒衣聖母』は芥川龍之介の作品で、1920年、大正9年、芥川龍之介が28歳の時の作品です。舞台は現代で過去を語るというちょっと特殊な形式ですが、切支丹物のひとつ……と言っていいかもしれませんね。 『黒 …

芥川龍之介全集

『舞踏会』鹿鳴館で紡がれる恋物語のあらすじ、解説。

芥川龍之介の『舞踏会』をご紹介します。初出は1920年(大正9年)の雑誌『新潮』1月号上となります。鹿鳴館を舞台にした、小さな恋のお話で、淡く切なく、そしてちょっと儚い物語です。 非常に評価の高い作品 …

芥川龍之介全集

芥川龍之介『桃太郎』のあらすじ、感想。

芥川龍之介の小説に『桃太郎』があります。そうです、きび団子で犬猿雉を従えて鬼をやっつけるあれです。しかし、あの昔話の『桃太郎』ではありません。芥川ならではの、あのお伽噺を裏側から見た独特の物語なのです …

芥川龍之介 魔術

『魔術』のあらすじ、感想、解釈などなど。

芥川龍之介の『魔術』という小説をご紹介します。初出は1920年(大正9年)1月。雑誌『赤い鳥』にて発表されました。人間のエゴイズムを抉り出す芥川龍之介らしい一作といえる小説となっています。同じく芥川龍 …