芥川龍之介について

芥川龍之介の本名について。

投稿日:

芥川龍之介、森鴎外、中原中也、谷崎潤一郎、坂口安吾……。なぜ文豪の名前というのはこんなにカッコいいのでしょうか。もちろん、ペンネーム、筆名である人も多くおり、後天的にカッコいい名前になった作家もたくさんいますが、芥川龍之介はどうなのか、をまとめてみました。

芥川龍之介という名前は本名。

ということで、芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)、というのはペンネームではありません。本名です。めちゃくちゃカッコいい名前ですね。

名前の由来は誕生日。

龍之介、という名前は、辰年・辰月・辰日・辰の刻に生まれたので、龍之介と名付けられたとかどうとか。なお、誕生日は1892年3月1日。上述のとおり、辰年・辰月・辰日・辰の刻に生まれたということですから、辰の刻は午前7時から午前9時なので、その辺りに生まれたのでしょう。

でも、本当は新原龍之介だった?

芥川龍之介のお父さんは新原敏三さんという方で、生まれたときは新原龍之介だったのですね。芥川というのは、お母さんの実家の方の名字です。お母さんは芥川フクさんという方でした。

この新原龍之介が芥川龍之介になぜなったのかというと、龍之介が生まれて間もなくお母さんのフクさんの精神状態がよろしくなくなり 、フクさんのお姉さんである伯母のフキさんの方に引き取られたのでした。フキさんの旦那さんは、芥川道章という方です。

ちなみに、フクさんが精神を病んでしまったのは、芥川のお姉さんであった長姉の新原ハツが亡くなったショックからだそうです。お姉さんであった、というのは芥川が生まれる前にもう亡くなっていたのですね。

それで、龍之介が12歳の時に正式に芥川道章の養子として迎えられ、新原龍之介は芥川龍之介となったのです。







-芥川龍之介について

執筆者:

関連記事

芥川龍之介 秋

芥川龍之介『秋』のあらすじや感想。

芥川龍之介と言えば、『鼻』、『地獄変』、『杜子春』、『芋粥』、『羅生門』、『蜘蛛の糸』などなど王朝物を初期に書いており、要するに元ネタがあった作家なのですが、そこから脱却した最初の作品が『秋』です。後 …

或阿呆の一生 芥川龍之介 火花

『或阿呆の一生』の解説、あらすじ、感想とかとか。

『或阿呆の一生』という小説の作者は芥川龍之介で、1927年発表、というか発見された作品です。芥川の死後に見つかった作品なのですね。芥川龍之介の遺書的立ち位置の作品とされております。芥川の最後の思いが込 …

地獄変

『地獄変』のあらすじ、解説、感想など。

芥川龍之介の『地獄変』という小説をご紹介します。もともと『宇治拾遺集』という本の中の『絵仏師良秀』という一節があり、それを芥川龍之介が膨らませて書いたものになります。芸術至上主義たる芥川の思いが感じら …

芥川龍之介全集

『点鬼簿』の意味、あらすじ、その解釈。新原フク、新原ソメ、新原敏三にまつわる物語。

芥川龍之介が書いた小説、『点鬼簿』をご紹介します。初出は1926年、大正15年、『改造』誌上になります。4つの章に分かれた、エッセイのようなとても短い短編小説になります。 『点鬼簿(てんきぼ)』の意味 …

no image

『仙人』のあらすじ、解説、感想、オチまで。

芥川龍之介に『仙人』という小説があります。文字通り仙人が出てくる小説なのですが、考えてみれば、芥川の小説にはよく仙人が出てきますね。『杜子春』とかね。 いろいろ調べていて何かおかしいなと思ったのですが …