芥川龍之介について

芥川龍之介の子ども、息子、子孫について

投稿日:2020年1月4日 更新日:

日本最高クラスの大文豪芥川龍之介。35歳で自殺してしまった芥川龍之介ですが、この遺伝子というのは残っていないのか? 果たしてその子孫はいるのかいないのか、いたとしたら今何をしているか? もしかして作家になってたりしないのかしら? と、気になりませんか?

私も気になったので相当これは下世話だなと思いつつ、ちょっと調べてみました。

芥川龍之介の子供

芥川龍之介には、妻である塚本文との間に、三人の息子がおります。

長男 芥川比呂志(あくたがわひろし)

芥川龍之介の友人である菊池寛(きくちかん)の寛の字を、ひろしと読んで、万葉仮名にして名づけたとされる。俳優であり、演出家。数々の映画やドラマに出演し、文学座にもいたり、「演劇集団 円」を立ち上げたりと、マジの俳優である。また、「劇団四季」の名付け親でもある。

芥川比呂志さんは1981年に61歳で亡くなられています。ちなみに結婚されており、奥さんは芥川龍之介の下のお姉さんのヒサさんの長女、芥川瑠璃子さんです。従妹とご結婚されているんですね。

この二人の間に芥川耿子(てるこ)さんという、芥川龍之介から見るとお孫さんにあたる方は詩人になられています。 耿子さんが三女だそうですので、長女と次女もいらっしゃるのでしょう。また、この芥川耿子さんには一男一女お子さんがいらっしゃるそうです。なので、芥川龍之介のひ孫というのがどこかにいるわけですね。

次男 芥川多加志(あくたがわたかし)

最も文学的才能があったと言われていた次男坊さん。東京外国語学校仏語部に在学中、第二次世界大戦により招集され、1945年に23歳でビルマにおいて戦死されています。

三男 芥川也寸志(あくたがたやすし)

三男坊。こちらは、長男に続いて今度はガチの作曲家、指揮者。結婚を三回されており、二度目の結婚相手は女優の草笛光子さん。最初の奥さんとの間にお子さんがおり、芥川麻実子さんという方なのですが、この方は司会業や交通評論家などされています。

まとめ

ということで、芥川龍之介の子孫は結構いるし、皆結構活躍してるということでした。才能というのは遺伝するものなのでしょうかね、なかなかすごい一家でした。

最後に下世話ついでに……芥川龍之介は秀しげ子という女性歌人と不倫関係にあり、と言ってもすぐに別れたんですが、その秀しげ子にできた子どもが芥川龍之介に似てると半ストーカー化したらしいのですが……。もしかしたら芥川龍之介の隠し子なんてのもいるかもしれませんね。







-芥川龍之介について

執筆者:

関連記事

宝

『三つの宝』のあらすじと感想文を書いてみる。

芥川龍之介に『三つの宝』という小説があります。『魔術』もそうでしたが、芥川龍之介の童話的作品のひとつですね。童話らしく、王子様とお姫様が出てきたりしますし、戯曲形式で台本のように書かれております。 大 …

芥川龍之介 あばばばば

『あばばばば』あらすじ、感想などなど。

芥川龍之介の作品に、『あばばばば』というとんでもないタイトルの小説があります。本作、芥川龍之介の中期から後期における、堀川保吉という男を主人公とした、「保吉もの」と呼ばれる作品の一つです。 あわわわわ …

芥川龍之介 河童

『河童』のあらすじ、感想、解説など。

『河童』の作者は芥川龍之介です。芥川の後期の作品で、『歯車』や『或る阿呆の一生』などと並び、晩年の代表作の一つとして名高い作品です。神経衰弱に陥っていた芥川龍之介の心理状態が色濃く反映されており、芥川 …

蟹

芥川龍之介『猿蟹合戦』のあらすじ、感想など。

芥川龍之介は1923年、『婦人公論』において短編小説『猿蟹合戦』を発表しました。あの『猿蟹合戦』ではありません。あの『猿蟹合戦』の後日談を描いたものです。短編小説というよりももっともっと短く、掌小説、 …

或阿呆の一生 芥川龍之介 火花

『或阿呆の一生』の解説、あらすじ、感想とかとか。

『或阿呆の一生』という小説の作者は芥川龍之介で、1927年発表、というか発見された作品です。芥川の死後に見つかった作品なのですね。芥川龍之介の遺書的立ち位置の作品とされております。芥川の最後の思いが込 …