宮本輝

バケツの底 宮本輝

投稿日:2016年2月27日 更新日:

宮本輝の短編集『五千回の生死』で三番目に好きな話。(一番は『トマトの話』、二番目は『五千回の生死』)作者宮本輝自身が患った不安神経症(パニック障害)に罹っている男の話。舞台は芦屋浜で、大規模な住宅地建設のため、一帯を埋め立てる工事現場で物語は繰り広げられる。この工事は史実に基づいており、どうも昭和44年頃の話のようだ。

バケツの底 芦屋浜

芦屋浜の今

バケツの底 あらすじ

パニック障害を患っていた男は休職中の身であったが、ふたり目の子が伝い歩きを始め、どうにも再び働かなければならない状況に追い込まれた。

簡単な事務職の仕事を探し、男はマガキ商店に入社する。マガキ商店は、工事現場に細々したものを納品する小さな個人商店である。社長は強烈な学歴コンプレックスの持ち主で、大学卒の主人公に大学を出たのにこんなこともわからないのかと執拗に嫌味を言う。同じ職場には中卒の男がいるのだが、社長は彼にも強く当たるのだ。

事務職を希望していたが、社長はせっかく大卒の男が来たのだからと彼を芦屋浜の広大な埋め立て工事現場の営業としてわりあててしまう。男は日々めまいに襲われながら工事現場へと向かう。

五日間ほど降り続く雨で、工事現場は広大な泥地と化していた。現場にはパイルが打ちこまれているのだが、パイルの場所を見分けるのが困難となり、その穴に落ちるという事故が発生した。そのため、穴をふさぐものが必要であるという。

社長に相談したところ、ブリキのバケツの底がバケツ屋の倉庫にいくらでも眠っている。廃棄寸前となっているそのブリキのバケツの底を買い上げ、それを穴に括りつけろといわれる。

夕方、数百に及ぶ大量のブリキのバケツの底が持ち込まれる。それを設置するのは、現場の若い一人の社員である。土砂降りの雨の中、彼はひとりでバケツの底をつけ始める。誰一人として手伝おうとはしない。

逃げてやり過ごそうとすれば、いつかもっと悪い環境へと追い込まれていくのだなァと思いながら。

主人公は、彼を手伝い、雨に打たれながらバケツの底を括りつけていく……。

泥と宮本輝

宮本輝の初期作品は泥臭いのだが、そういう泥でなく、泥そのものの登場が多い。

トラックに満載された”泥”。それを避けようとするが、わずかな幅の道の向こうに広がるのは、”腐肉のような泥”。打ちこまれたパイルをチェックする倉持の姿は、”泥”なのか人間なのかわからない。

どうも宮本輝が描く泥には、仏陀のおわすところに咲く蓮の花のイメージがあるようだ。蓮の花というのは、泥の中からしか咲かない。

最後の一節で主人公は今いる自身の状況自体を泥にまみれたバケツの底であると評する。

泥とは貧しく悲しく辛い現実社会のことだけではない。『泥の河』から続く泥のイメージは、”命そのもの”である。

生きていることと死んでいることは、とても近いところにある。水面を境にしたかのような、ほんのわずかな差なのかもしれない。わずかな差ではあるが、冒頭の男は、なぜ馬車に引かれ死んだのか。そして、なぜ自分は生きているのか。生きていることと死んでいることは、同じことなのかもしれないが、生きているということ自体に何か意味が、意義が、あるのではないだろうか。

このテーマが本作にも根底に流れているのだ。生を見つめる宮本輝氏の眼差しと感性をぜひ味わっていただきたい。

 







-宮本輝

執筆者:


関連記事

幻の光 宮本輝

幻の光 宮本輝

作者 宮本輝 新潮(1978年8月号 31歳)初出 新潮文庫で短編集『幻の光』の表題作として収録 宮本輝が真正面から死生観を描いた作品 『幻の光』は、『泥の河』、『螢川』、『道頓堀川』と川三部作を書き …

宮本輝 トマトの話

宮本輝『トマトの話』感想

作者 宮本輝 『五千回の生死』収録 トマトの話 あらすじ 短編集『五千回の生死』の一作目を飾る作品。 中小以下の広告会社の昼休みに同僚同士で披露しあう、過酷なアルバイトの体験話。主人公の小野寺孝三が語 …

宮本輝 錦繍

『錦繍』の意味、あらすじ、感想などなど。

作者 宮本輝1982年発表二十四通の往復書簡で全編綴られる物語 『錦繍』は、一九八二年に発表された、全編往復書簡で紡がれる物語です。 舞台は蔵王。別れた夫婦の十四通の手紙のやり取りで構成されています。 …

青が散る

『青が散る』のあらすじ、感想、あとドラマも少し。

『青が散る』は、テニスをテーマにしたスポーツ小説です。「文藝春秋」の季刊誌「別冊文藝春秋」の1978年夏号(145号)から1982年夏号(161号)に連載されまして、1982年に文藝春秋社から単行本刊 …

五千回の生死 宮本輝

宮本輝『五千回の生死』のあらすじ、感想などなど。

『五千回の生死』の作者は宮本輝さんですね。9つの短編が入った短編集『五千回の生死』の表題作で、4作目に入っています。新潮文庫から発行されています。 世界で一番好きな短編集で、恐るべき才気に満ちています …