志賀直哉

小説の神様と名高い、日本が誇る文豪の一人。

スポンサーリンク




志賀直哉

志賀直哉のおすすめ作品ランキング

2019/12/21   -志賀直哉

小説の神様と名高い「白樺」派の作家、志賀直哉。芥川龍之介が晩年、『文芸的な、余りに文芸的な』の中で、志賀直哉の文章が最高だと評しております。物語の筋書きが素晴らしいというタイプというよりは(もちろん素 …

城の崎にて

『城の崎にて』のあらすじ、解説、作者などなど。

2016/05/18   -志賀直哉

『城の崎にて』の作者は、志賀直哉ですね。1917年、大正6年、同人誌「白樺」にて発表されました。『城之崎にて』でも『城崎にて』でも、もちろん『木野崎にて』でもなく、『城の崎にて』というのが正しいタイト …

城の崎にて

『小僧の神様』のあらすじ、解説、感想とかとか。

2016/05/17   -志賀直哉

『小僧の神様』は、小説の神様といわれる志賀直哉の小説ですね。1920年、志賀直哉37歳の年の作品です。「白樺」にて発表されました。異様に寿司が食いたくなる小説ですね。 ちなみに、本旨と関係ないですが、 …