梶井基次郎について

梶井基次郎は31歳の若さでこの世を去った天才小説家です。生前はあまり注目されなかったのですが、亡くなるちょっと前くらいからこいつはすごいぞと川端康成らから推薦されるようになり、今は文豪の一人として数えられております。

結核に苦しめられた一生で、それ故その精神はますます研ぎ澄まされ、ものすごい名文で美しい短編小説を20ほど遺しました。三島由紀夫などは、『檸檬』は日本文学最高傑作として推挙したりもしています。

そんな梶井基次郎のいろいろをまとめてみました。

梶井基次郎について

梶井基次郎作品

no image

梶井基次郎、10の名言を抜粋

梶井基次郎は結核と共に生きた夭折の天才です。大正期、昭和初期に作品を遺した作家で、病弱な体のおかげもあってというと、その研ぎ澄まされた精神はますます尖り、その感性は美しい名文を紡ぎ出してきました。 わ …

病床

梶井基次郎の死因。夭折の天才はなぜ31歳の若さで亡くなったのか。

『檸檬』や『城のある町にて』など、その瑞々しい感性と知性あふれる文章で今なお多くの読者を魅了する梶井基次郎は、1932年、昭和7年3月24日午前2時に31歳の若さでこの世を去りました。結核にかかってい …

檸檬

梶井基次郎、おすすめ作品ランキング

梶井基次郎という人は 1901年、明治34年生まれで、亡くなったのは1932年、昭和7年。わずか31歳で亡くなった、いわゆる夭折の天才作家です。 若いころから肺病にかかって、常に病が付きまとうような状 …

Kの昇天

『Kの昇天』梶井基次郎 月光に彩られた美しき短編小説

『Kの昇天』は梶井基次郎が著した短編小説です。とても短い作品です。1926年、大正14年に「青空」誌上にて発表されました。副題も含めると、『Kの昇天――或はKの溺死』というタイトルの作品です。 梶井基 …

梶井基次郎 路上

梶井基次郎『路上』のあらすじ、感想。

梶井基次郎に『路上』という短編小説があります。1925年、大正14年の9月に書かれたもので、『青空』にて発表された作品だそうです。 坂道を下るときに足を滑らせてコケかけるだけの話なんですが、これを文学 …

Kの昇天 梶井基次郎

『泥濘』のあらすじ、感想、解説とかとか。

『泥濘』は、1925年6月に発表された梶井基次郎の小説です。お金もなく、上手く小説も書けない不安な心持が描かれています。『泥濘』の読み方は”でいねい”、ですね。ぬかるみ、という意味です。 『泥濘』のあ …

Kの昇天 梶井基次郎

『城のある町にて』のあらすじ、解説、感想とかとか。

『城のある町にて』は、梶井基次郎の小説です。1925年、『青空』誌上にて発表されました。 可愛がっていた妹が亡くなってしまい、その傷が癒えるまで?の城のある町の風景と峻自身の心象風景が描かれ続ける、あ …

桜の樹の下には

『桜の樹の下には』のあらすじ、解説、感想とかとか。

『桜の樹の下には』という小説のあらすじや解説、感想を交えてご紹介いたします。作者は梶井基次郎です。そう、『檸檬』とか『城のある町にて』で有名な梶井基次郎さんです。1928年、昭和3年に『詩と評論』誌上 …

Kの昇天 梶井基次郎

梶井基次郎『檸檬』のあらすじ、解説、感想などなど。

『檸檬』は梶井基次郎が1924年、大正13年10月に書きあげた短編小説で同人誌「青空」誌上にて発表されました。梶井基次郎は20編程度の小説を遺し、31歳という若さで夭折した作家です。ちょっとこう、ゴリ …