芥川龍之介について

1892年3月1日生まれ。本名、まさかの同じ。カッコいい名前。出身地は東京は京橋区(現中央区)。白樺派とか何派みたいな派閥でいうと、新思潮派に分類される。

日本屈指の大文豪。大正時代に活躍した、日本で最も有名な作家のひとり。恐るべき天才。デビュー作は『羅生門』とされており、代表作としては、初期は『地獄変』や『』、『芋粥』、など『宇治拾遺物語』等の古典をベースにした小説を書き、後期は『河童』や『歯車』『或阿呆の一生』など「ぼんやりとした不安」に関する作品が多い。とにかく大量の傑作を遺した男。

特に初期は古文のような文体。ほとんどの小説が短編作品。『鼻』あたりで夏目漱石に絶賛され、流行作家となった。芸術至上主義者で、知性に満ち溢れた文章を綴る。おそらく日本で一番有名な文学賞「芥川賞」はもちろん芥川龍之介の名を冠したもの。

芥川龍之介について

芥川龍之介の作品

代表作・有名作品

その他作品

羅生門 イメージ

芥川龍之介『羅生門』のあらすじ、感想、解説とかとか。

『羅生門』は、芥川龍之介の作品です。1915年、大正4年、11月号の「帝国文学」にて発表されました。 なお、『羅城門』ではありません、『羅生門』です。ちなみに羅城門も羅生門も同じもので、京都の京都府京 …

或阿呆の一生 芥川龍之介 火花

『或阿呆の一生』の解説、あらすじ、感想とかとか。

『或阿呆の一生』という小説の作者は芥川龍之介で、1927年発表、というか発見された作品です。芥川の死後に見つかった作品なのですね。芥川龍之介の遺書的立ち位置の作品とされております。芥川の最後の思いが込 …