村上春樹

1949年1月12日、生まれは京都だそうだが、育ちは神戸界隈。ダブル村上といわれる村上龍は1952年生まれ。宮本輝は1947年生まれで、この辺りはほぼほぼ同世代だが、全然方向性が違う。

日本で最もノーベル賞に近いと言われる作家。真偽のほどはわからない。

コミットメントとデタッチメントという自身のテーマを追いかけ続ける、極めて純文学的な作家。『ノルウェイの森』の430万部をはじめ、長編小説が出るたびに記録的なベストセラーを叩き出しており、村上春樹がこれだけ売れるということはこのテーマは現代人が持つ共通の病理なのかもしれない。

センシティブな文章がどんどんタフネスなものになり、どちらかというと私は初期の方が好き。『アンダーグラウンド』を読んでから、変化した理由が何かとてもよくわかる。

大のヤクルトスワローズファン。学生結婚している。

スポンサーリンク




ノルウェイの森

『ノルウェイの森』のあらすじ、解説、名言などなど。

2018/08/28   -村上春樹

1987年、村上春樹は一冊の小説を上梓しました。それが『ノルウェイの森』です。 2010年時点で、上下巻を合わせた総発行部数1000万部を突破した、日本国内有数のベストセラー小説です。一冊500円とし …

チョコレートクッキー

幸福なクリーニング店、そして加納クレタの登場

2016/03/02   -村上春樹

ねじまき鳥クロニクル 第1部 泥棒かささぎ編 前 6 岡田久美子はどのようにして生まれ、綿谷ノボルはどのようにして生まれたか 後 8 加納クレタの長い話、苦痛についての考察 この章では、過去からふたた …

ピアノ

岡田久美子はどのようにして生まれ、綿谷ノボルはどのようにして生まれたか

2016/03/01   -村上春樹

ねじまき鳥クロニクル 第1部 泥棒かささぎ編 前 5 レモンドロップ中毒、飛べない鳥と涸れた井戸 後 7 幸福なクリーニング店、そして加納クレタの登場 岡田久美子はどのようにして生まれ、綿谷ノボルはど …

レモンドロップ

レモンドロップ中毒、飛べない鳥と涸れた井戸

2016/02/29   -村上春樹

ねじまき鳥クロニクル 第1部 泥棒かささぎ編 前 4 高い塔と深い井戸、あるいはノモンハンを遠く離れて 後 6 岡田久美子はどのようにして生まれ、綿谷ノボルはどのようにして生まれたか レモンドロップ中 …

ねじまき鳥クロニクル,本田さん

高い塔と深い井戸、あるいはノモンハンを遠く離れて

2016/02/29   -村上春樹

ねじまき鳥クロニクル 第1部 泥棒かささぎ編 前 3 加納マルタの帽子、シャーベット・トーンとアレス・ギンズバーグと十字軍 後 5 レモンドロップ中毒、飛べない鳥と涸れた井戸 ここまでは奇数の章で今の …

マルタ島

加納マルタの帽子、シャーベット・トーンとアレス・ギンズバーグと十字軍

2016/02/28   -村上春樹

前 2 満月と日蝕、納屋の中で死んでいく馬たちについて 後 4 高い塔と深い井戸、あるいはノモンハンを遠く離れて 加納マルタの帽子、シャーベット・トーンとアレス・ギンズバーグと十字軍 岡田亨 この章で …

満月と日蝕、納屋の中で死んでいく馬たちについて

満月と日蝕、納屋の中で死んでいく馬たちについて

2016/02/28   -村上春樹

ねじまき鳥クロニクル 第1部 泥棒かささぎ編 前 1 火曜日のねじまき鳥、六本の指と四つの乳房について 後 3 加納マルタの帽子、シャーベット・トーンとアレス・ギンズバーグと十字軍 『火曜日のねじまき …

ねじまき鳥クロニクル ワタヤ・ノボル

火曜日のねじまき鳥、六本の指と四つの乳房について

2016/02/28   -村上春樹

『ねじまき鳥クロニクル』第一部は、一九八四年六月から七月にかけての物語だ。村上春樹は、1984に何か思い入れがあるのだろうか。何かで言及されているかもしれない。 1984年は、村上春樹35歳である。も …

村上春樹 ねじまき鳥クロニクル 井戸

ねじまき鳥クロニクル 村上春樹

2016/02/28   -村上春樹

著者 村上春樹 第一部泥棒かささぎ編は1992年10月号~1993年8月号まで『新潮』にて掲載。 第二部予言する鳥編は1994年に発行。 第三部鳥刺し男編は1995年に発行。 村上春樹は『風の歌を聴け …

no image

『風の歌を聴け』のあらすじ、感想などなど。

2016/02/05   -村上春樹

著者 村上春樹 新潮文庫 百十八刷 村上春樹デビュー作 作家の感性が最も色濃く反映されるのは、デビュー作ではないでしょうか。小説家のデビュー作は、作家が作家になる前の、編集者の意向も作家としての自身の …