芥川龍之介について

『蜘蛛の糸』のあらすじとか感想、伝えたいこととか。

投稿日:2016年5月23日 更新日:

『蜘蛛の糸』の作者は、芥川龍之介ですね。芥川龍之介の代表作のひとつです。1918年の作品で、今から100年近く前に書かれた小説ですね。

説話的と言いますか、まるで童話のような物語です。というか、そもそも子供向けの児童文学として書かれた小説なのですね。読んだことがない方でも、大体のあらすじは御存じでしょう。読書感想文にも、よくお題として取り上げられます。

ちなみに、ミスチルの曲のタイトルにもなっていますが、こちらの歌の内容はあんまり本作の筋書きとは関係ないです。

スポンサーリンク




蜘蛛の糸のあらすじ

お釈迦様が極楽の蓮池からふと下を覗き見ますと、そこは地獄の底の真上に当たる場所になるのですが、地獄の底が見えるわけですね。そこに犍陀多(カンダタ)という大泥棒が見えました。彼はもうありとあらゆる罪を犯したのですが、ただひとついいことをしました。それは小さな蜘蛛を踏みつぶしかけた際に、こんな小さなものでも命があるのだ、いかんいかんと助けるわけです。それを思い出したお釈迦さまは、その場にいた蜘蛛を使いまして、一筋の蜘蛛の糸を地獄へと垂らしました。

地獄の底で苦しんでいた犍陀多は、自分の目の前に静かに降りてきた蜘蛛の糸をつかみ、これをたぐれば真上の極楽までいけるのではないかとぐいぐい登っていくわけです。まあそれはそれは果てしない距離でありますが、そこは天下の大泥棒、そういうのこそ得意なわけであっという間に地獄の針やら血の池などはぼんやり見えなくなってきました。

これはいける、と思った犍陀多ですが、自分に続いて、たくさんの罪人たちが後から後から続いて登ってきていたのです。このようなか弱い糸に何人も登れば、やがては切れてしまう。そう思った犍陀多は、降りろ降りろ、というわけです。

糸が切れたのはその瞬間でした。犍陀多は地獄へと再び落ちていきます。お釈迦さまはその一部始終をご覧になり、また蓮池の周りをゆるりゆるりと散歩されるのでありました。

蜘蛛の糸の感想とか解説

この小説が伝えたかったことは何なのか。本作には、二つの教訓があると思います。

  • 生前いいことをすると、お釈迦様が気まぐれでも助けてくれるかもしれない。
  • 利己的な行いをすると、ろくなことがない。

本作を読み解くにあたり、どちらを主に解釈するもよしですが、子どもに教えるには、うってつけの教材ですね。その辺りをとっかかりに読書感想文を書かれるとよろしいでしょう。

さてしかし、ならば犍陀多はどうするのが正解だったのでしょうか?

無数の登ってくる罪人というのはお釈迦様が見せた幻だったのかもしれません。あるいは、犍陀多自身が見せた、幻だったのかもしれませんね。私はいつもこの物語を読むと、前者だったのではないかと思えてなりません。お釈迦さまは、犍陀多を試そうとしたのではないかと思うのです。

また、この作品の中に芥川の持つ仏教観というものも見て取れるかもしれません。本来の仏教的に、地獄に落ちたものがお釈迦様のいわば気まぐれで救われる、ということはまずないでしょうから。なお、本作にも元ネタがありまして、ケーラスという人が書いた『因果の小車』という物語だそうです。

そことの比較なんかもしてみると、童話と言っても実はなかなか興味深い作品です。







-芥川龍之介について

執筆者:


  1. […] 芥川龍之介と言えば、『鼻』、『地獄変』、『杜子春』、『芋粥』、『羅生門』、『蜘蛛の糸』などなど王朝物を初期に書いており、要するに元ネタがあった作家なのですが、そこから脱却した最初の作品が『秋』です。後年、生活と離れた芸術至上主義、また神経衰弱に悩まされていきますので、近代的ないわゆる小説っぽい小説を書いたのはホント一瞬の期間なのですが、その時に書かれたのが、この『秋』です。 […]

  2. […] 『或阿呆の一生』は20歳の頃の芥川の描写から入って、人生は一行のボードレールにも若かない、みたいな感じで始まるのですがとにかく芸術主義者で、古典を読み解きまくり、そこから人が描かれなかった人のちょっとやらしいところ、汚いところがめちゃくちゃ見えて、ずばずば書ける。それは余りに美しい小説ではあるのですが、人が生きている小説というよりは、非常に達観した、まさしく神のような視点で書いているように感じます。いや、ような、ではないですね、実際『蜘蛛の糸』のように、実際仏だったり仙人だったりの視点で人を見ていますから。 […]

  3. […] 『白』とか『魔術』とか『三つの宝』みたいな、児童向けの一作ですね。ちなみに『赤い鳥』では、『蜘蛛の糸』『魔術』『杜子春』などを発表しており、本作『アグニの神』が芥川最後の『赤い鳥』での発表作だそうです。 […]

関連記事

芥川龍之介全集

『舞踏会』鹿鳴館で紡がれる恋物語のあらすじ、解説。

芥川龍之介の『舞踏会』をご紹介します。初出は1920年(大正9年)の雑誌『新潮』1月号上となります。鹿鳴館を舞台にした、小さな恋のお話で、淡く切なく、そしてちょっと儚い物語です。 非常に評価の高い作品 …

芥川龍之介 蜜柑

『蜜柑』のあらすじ、感想、分析、主題などなど。

芥川龍之介は、大正八年四月に『蜜柑』という小説を残しました。五月の「新潮」で発表された際は、『私の出遇った事』というタイトルでしたが、後に改題されて『蜜柑』となりました。 横須賀駅からのほんのわずかな …

芥川龍之介全集

『点鬼簿』の意味、あらすじ、その解釈。新原フク、新原ソメ、新原敏三にまつわる物語。

芥川龍之介が書いた小説、『点鬼簿』をご紹介します。初出は1926年、大正15年、『改造』誌上になります。4つの章に分かれた、エッセイのようなとても短い短編小説になります。 『点鬼簿(てんきぼ)』の意味 …

黒衣聖母

芥川龍之介『黒衣聖母』のあらすじ、感想など。

『黒衣聖母』は芥川龍之介の作品で、1920年、大正9年、芥川龍之介が28歳の時の作品です。舞台は現代で過去を語るというちょっと特殊な形式ですが、切支丹物のひとつ……と言っていいかもしれませんね。 『黒 …

芥川龍之介 杜子春・南京の基督

『南京の基督』のあらすじ、解説、感想などなど。

『南京の基督』という小説は、芥川龍之介の初期作品になります。大正九年六月二十二日の作品だそうで、谷崎純一郎の『秦淮の一夜』に影響を受けた作品、と小説末尾に書かれています。(正しくは、谷崎純一郎の『秦淮 …