宮本輝

幻の光 宮本輝

投稿日:2016年2月14日 更新日:

  • 作者 宮本輝
  • 新潮(1978年8月号 31歳)初出
  • 新潮文庫で短編集『幻の光』の表題作として収録

宮本輝が真正面から死生観を描いた作品

『幻の光』は、『泥の河』、『螢川』、『道頓堀川』と川三部作を書きあげた後の最初の作品である。

突然前夫が鉄道自殺し、一人残された妻のゆみ子の情念が描かれている。舞台は奥能登。宮本輝が暮らした富山での記憶が描き上げる、陰鬱な日本海の雪海の光景がすさまじく、どうにもならない死から生を紡ぎあげていくさまは素晴らしい。

ゆみ子の宿命

鉄道自殺した夫、失踪した祖母。ゆみ子の前からいずれも姿を消した二人の大きな存在。宮本輝は、一生抜け出すことのできない業、宿命をゆみ子に与えた。『幻の光』は、いかにして業を越えていくかをテーマに据えた最初の作品だと思う。このテーマは後に『錦繍』へと引き継がれていく。人間にとって、不幸とは、幸福とは何なのかを考えさせてくれる。

『幻の光』には、いくつかのメタファーがちりばめられている。表題でもある幻の光、そして前夫のやぶにらみの目。村上春樹の『螢』(『ノルウェイの森』にもあったと思う)に書かれていた、

死は生の対極としてではなく、その一部として存在している。

が表現されていると思う。光があり、影がある。生があり、死がある。分断されてはいない。それらは、不可分なのだ。ゆみ子は死の中に生きている。夫は生の中に死んでいた。日本海の波間に漂う幻の光とは、それを教えてくれる光なのかもしれない。

幻の光の、編集者ってスゴイなっていう話

講演会か何かで話していたと思うが、幻の光はどんどん書き上げることができた作品だったが、一文だけ迷った一節があったという。締め切りに追われていたため、まあいいかと続きを書き、編集者に原稿を送ったところ、

「これは素晴らしい小説です。ですが、一文だけ気になるところがあります」

と言われた箇所がその迷った一節だったという。

その話を聞いた後確認したが、確か今でもその記載は残っていたはずだ。『ふらふらと歩いていった。』の「ふらふらと」をなぜ書いたのかときつく言われたらしい。優れた編集者というのは、やはりスゴイ。

映画化された幻の光

『幻の光』は、1995年、映画化されている。映画も素晴らしいが、原作はもっと素晴らしい……ので、読んでみてほしい。『幻の光』は、言語でなければ届かない領域へと踏み込んでいる。いや、映画も決して悪い映画ではなかったとは思うけれど。

受賞歴

  • 第52回ヴェネツィア国際映画祭 金オゼッラ賞
  • バンクーバー映画祭 グランプリ
  • シカゴ映画祭 グランプリ
  • 第10回高崎映画祭 若手監督グランプリ
  • 新藤兼人賞金賞

国内外でかなりの評価を得た。

監督 是枝裕和

『幻の光』は、是枝裕和監督のデビュー作である。後に是枝監督は、『誰も知らない』、『そして父になる』などを撮った。

主演 江角マキ子

『幻の光』は江角マキ子の女優デビュー作でもある。確か濡れ場もあった気がする。







-宮本輝

執筆者:


  1. […] 青年は、宮本輝自身の死生観を荒々しく凝縮したような存在である。『幻の光』や『錦繍』で描こうとしたはずの、終わりなき生命を彼は体現している。 […]

  2. […] 事故にあったのは事実だそうで、まさしくこの主人公はすなわち志賀直哉ですね。彼の生死へのまなざしが描かれています。生と死は両極端にあるものではない。むしろ近しいものではないか、というのを読むと、宮本輝さんの『幻の光』や村上春樹さんの『螢』を思い出しますが、ここに作家の死生観の原点というものがあるように感じられます。 […]

  3. […] つまりはこれは宮本輝という作家におけるテーマである、宿命の物語であり、『幻の光』と同じものをまあ取り扱っているのですね。 […]

関連記事

青が散る

『青が散る』のあらすじ、感想、あとドラマも少し。

『青が散る』は、テニスをテーマにしたスポーツ小説です。「文藝春秋」の季刊誌「別冊文藝春秋」の1978年夏号(145号)から1982年夏号(161号)に連載されまして、1982年に文藝春秋社から単行本刊 …

宮本輝 トマトの話

宮本輝『トマトの話』感想

作者 宮本輝 『五千回の生死』収録 トマトの話 あらすじ 短編集『五千回の生死』の一作目を飾る作品。 中小以下の広告会社の昼休みに同僚同士で披露しあう、過酷なアルバイトの体験話。主人公の小野寺孝三が語 …

バケツの底 芦屋浜

バケツの底 宮本輝

作者 宮本輝 短編集『五千回の生死』 収録 宮本輝の短編集『五千回の生死』で三番目に好きな話。(一番は『トマトの話』、二番目は『五千回の生死』)作者宮本輝自身が患った不安神経症(パニック障害)に罹って …

五千回の生死 宮本輝

宮本輝『五千回の生死』のあらすじ、感想などなど。

『五千回の生死』の作者は宮本輝さんですね。9つの短編が入った短編集『五千回の生死』の表題作で、4作目に入っています。新潮文庫から発行されています。 世界で一番好きな短編集で、恐るべき才気に満ちています …

泥の河 宮本輝

宮本輝の『泥の河』のあらすじとか映画情報とかとか。

宮本輝 デビュー作 太宰治賞受賞作 やなぎ食堂の息子信雄と、船に暮らす家族との交流を描いた、宮本輝のデビュー作。舞台は昭和30年。戦後10年であり、市道にはまだ馬車が行き交っていた時代だそうだ。 堂島 …