芥川龍之介について

芥川龍之介『桃太郎』のあらすじ、感想。

投稿日:

芥川龍之介全集

芥川龍之介の小説に『桃太郎』があります。そうです、きび団子で犬猿雉を従えて鬼をやっつけるあれです。しかし、あの昔話の『桃太郎』ではありません。芥川ならではの、あのお伽噺を裏側から見た独特の物語なのです。隠された真実を描く、という体のパロディモノですね。

では、その内容をまとめてみましょう。

『桃太郎』のあらすじ

とんでもなくデカい神の木が山奥の深く深くありまして、その樹は世界が始まって以来一万年に一度花が咲き、一万年に一度実をつけるのです。もちろん、その実もとんでもなくデカい。その実にはしかも、赤子が入っているというからあら不思議。

その実は一度生ると千年は地に落ちない。ところがある日、一羽のヤタガラスが枝に降り立ち、その実をついばみ落とした。その実は落ちて落ちて落ちて……人間界の谷に落ち、川を流れていった。どんぶらこどんぶらこと。その実がどうなったかはもちろんおなじみ、川へ洗濯へ出たおばあさんが拾って、山へ芝刈りに行ってたおじいさんが包丁で切って、桃太郎と名付けられるのです。

そして、もちろんおなじみのとおり、桃太郎は鬼を退治しに行きます。それは、鬼が村を荒らしまわっていたから……ではありません。この桃から生まれた桃太郎はとんでもないニート野郎で畑仕事も山へ芝刈りも行きたくない。めんどくさいからどこかに行きたい。そう聞いた老夫婦もしめたものと陣羽織を着せ旗を持たせて、桃太郎大好きの吉備団子も持たせて、山車を引かせて追い出しました。というのも、ぐずぐずの桃太郎にすっかり愛想をつかしていたのです。

出ていった桃太郎は、じゃあ鬼でも退治するかと旅に出ます。道中出会ったイヌサルキジを仲間にします。黍団子をあげるのですが、さすがクズ野郎なのでおひとつくださいなと言われてもおひとつあげずに、半個で仲間にします。せこい。

ところが仲間も負けたものではない。仲は悪くていつもいがみ合い、それはそれで桃太郎も苦労しておりました。で、仲良くさせるためにそんなことをしてたら宝を分けんぞと言うわけです。宝とは何だと問うと、鬼が隠し持っとると。やつらを倒せば何でも手に入るぞと言って、仲直りさせるのです。そうして、桃太郎は鬼を倒しに行きます。

一方そのころ、鬼というのは鬼ヶ島でとても静々暮らしておりました。というのは人間なんかと会うととっちめられてエライことになると。大江山の酒呑童子も羅生門の茨木童子も一寸法師にやられた鬼も、実際そんなに悪いことをしてたわけでもない。人間の方がよほど恐ろしいと子ども鬼たちに教えているほどでした。

そこへ桃太郎がやってきた。「一匹残らず殺せ!」と島に攻め寄せ、イヌサルキジ共々鬼を殺しまくっていく。そして、あっという間に鬼ヶ島を制圧します。そして、宝をよこす代わりに、残った子供の鬼を生かして残しました。しかし、その鬼の子も人質にとるのです。どっちが鬼なのかと。

鬼は問います。「そもそもなぜあなたは我々を征伐しに来たのか?」桃太郎は「それは、鬼ヶ島を征伐しようと思ったからだ。何だ、わからぬというならやはり皆殺しにしてしまうぞ」鬼は黙って、深々頭を下げました。

まあ、そんなこんなで桃太郎はめでたしめでたし、宝を引いて島から戻ってきます。ところが、桃太郎のお話は大体ここで終わりですが、実際はそうではない。この後の桃太郎は決して平穏な一生を過ごしたわけではありませんでした。ある日捕らえられてた子供の鬼が反乱を起こし、雉と猿を殺して逃げだし、鬼ヶ島に連絡します。鬼ヶ島では、生き残りの鬼が爆弾を仕込み、桃太郎への復讐を誓いながら……。

芥川龍之介『桃太郎』の感想

枯野抄』などと同じく、史実や既存の物語をベースにしつつも、その裏側にある残酷な真実の物語を描いた芥川龍之介ならではの作品ですね。

さて、桃太郎が生まれた桃は、神々しい桃で、ただの人間ではないわけですね。これはもうまさしく一万年に一度のとんでもない天才が現れる桃なのです。桃太郎は神の子です。そんな神の子が争いを生む何よりの種でもあるわけですね。この『桃太郎』においては、鬼を鬼たらしめたのは他でもない桃太郎自身なのです。桃太郎側が侵略者なんですね。

ここには、当時軍国主義に向かいつつあった日本への批判・風刺が含まれているという論もあるようです。桃太郎というのは、日本人皆正義と思っていますからね。この桃太郎のはじまりは、神の子ですからね。特別な子なのです。そもそも桃太郎ですから確かに日本人ぽい。

しかし、最初にすべての引き金を引いたのは元はと言えば一羽のヤタガラスが桃を落としたことから始まります。では、このヤタガラスとはいったいなんなのか……。

まあ、どう読むかはいろいろあるところですが、芥川龍之介の作品には『猿蟹合戦』もありますから、才気あふれるお茶目な人だったんじゃないかなと私は思ったりします。どうでしょうかね。







-芥川龍之介について

執筆者:


関連記事

芥川龍之介 ハンカチ

『手巾(ハンカチ)』のあらすじ、解説、感想とかとか。

『手巾』は芥川龍之介が著した小説です。『手巾』は「しゅきん」と読みまして、「しゅきん」とは「ハンカチ」のことです。 1916年の小説で、中央公論にて発表されました。主人公は『武士道』を表した新渡戸稲造 …

芥川龍之介

芥川龍之介の本名について。

芥川龍之介、森鴎外、中原中也、谷崎潤一郎、坂口安吾……。なぜ文豪の名前というのはこんなにカッコいいのでしょうか。もちろん、ペンネーム、筆名である人も多くおり、後天的にカッコいい名前になった作家もたくさ …

地獄変

『地獄変』のあらすじ、解説、感想など。

芥川龍之介の『地獄変』という小説をご紹介します。もともと『宇治拾遺集』という本の中の『絵仏師良秀』という一節があり、それを芥川龍之介が膨らませて書いたものになります。芸術至上主義たる芥川の思いが感じら …

黒衣聖母

芥川龍之介『黒衣聖母』のあらすじ、感想など。

『黒衣聖母』は芥川龍之介の作品で、1920年、大正9年、芥川龍之介が28歳の時の作品です。舞台は現代で過去を語るというちょっと特殊な形式ですが、切支丹物のひとつ……と言っていいかもしれませんね。 『黒 …

芥川龍之介 藪の中

『藪の中』のあらすじ、感想、推理と犯人・真相などなど。

真相は、藪の中。なんて言葉がありますね。これは本作『藪の中』から生まれた言葉です。 本作は1922年に「新潮」誌上に発表された作品で、初出時のタイトルは『将軍』。芥川龍之介最後の王朝物作品としても知ら …