山椒大夫・高瀬舟

『高瀬舟』のあらすじ、感想、作者、解説とかとか。

2016/02/09   -森鴎外

『高瀬舟』の作者は森鴎外ですね。いわずと知れた、夏目漱石と並ぶ文豪の代表作です。彼が54才の時、1916年1月に『中央公論』紙上で発表した作品です。 国語の教科書にもよく載っている作品で、読書感想文と …

青が散る

『青が散る』のあらすじ、感想、あとドラマも少し。

2016/02/07   -宮本輝

『青が散る』は、テニスをテーマにしたスポーツ小説です。「文藝春秋」の季刊誌「別冊文藝春秋」の1978年夏号(145号)から1982年夏号(161号)に連載されまして、1982年に文藝春秋社から単行本刊 …

宮本輝 錦繍

『錦繍』の意味、あらすじ、感想などなど。

2016/02/06   -宮本輝

作者 宮本輝1982年発表二十四通の往復書簡で全編綴られる物語 『錦繍』は、一九八二年に発表された、全編往復書簡で紡がれる物語です。 舞台は蔵王。別れた夫婦の十四通の手紙のやり取りで構成されています。 …

或阿呆の一生 芥川龍之介 火花

『或阿呆の一生』の解説、あらすじ、感想とかとか。

『或阿呆の一生』という小説の作者は芥川龍之介で、1927年発表、というか発見された作品です。芥川の死後に見つかった作品なのですね。芥川龍之介の遺書的立ち位置の作品とされております。芥川の最後の思いが込 …

アルジャーノンに花束を

小説『アルジャーノンに花束を』のあらすじ、感想、名言などなど。

2016/02/06   -純文学

著者 ダニエル・キイス 訳者 小尾芙佐 1959年発表、1966年長編化し再発表 早川書房 ダニエル・キイス文庫 百十八刷 ヒューゴー賞受賞 ネビュラ賞受賞 主人公は、チャーリイ・ゴードン。IQ68の …

no image

『風の歌を聴け』のあらすじ、感想などなど。

2016/02/05   -村上春樹

著者 村上春樹 新潮文庫 百十八刷 村上春樹デビュー作 作家の感性が最も色濃く反映されるのは、デビュー作ではないでしょうか。小説家のデビュー作は、作家が作家になる前の、編集者の意向も作家としての自身の …

老人と海

『老人と海』のあらすじ、解説、感想とかとか。

『老人と海』の作者はアーネスト・ヘミングウェイです。彼が1952年に発表した作品です。原文はもちろん英語で、私が読んだのは福田恆存(ふくだつねあり)さんが日本語訳したものです。 文庫本で150ページほ …

宮本輝 トマトの話

宮本輝『トマトの話』感想

2016/02/03   -宮本輝

作者 宮本輝 『五千回の生死』収録 トマトの話 あらすじ 短編集『五千回の生死』の一作目を飾る作品。 中小以下の広告会社の昼休みに同僚同士で披露しあう、過酷なアルバイトの体験話。主人公の小野寺孝三が語 …