芥川龍之介について

芥川龍之介『羅生門』のあらすじ、感想、解説とかとか。

投稿日:2016年3月7日 更新日:

『羅生門』は、芥川龍之介の作品です。1915年、大正4年、11月号の「帝国文学」にて発表されました。

なお、『羅城門』ではありません、『羅生門』です。ちなみに羅城門も羅生門も同じもので、京都の京都府京都市南区唐橋羅城門町に今も碑が残っている、実在の門です。平城京を貫く朱雀大路の南に位置するメインの門で北方の朱雀門と対になっています。

本作は1915年の作品で、今から実に100年も前に書かれた小説なのですね。氏が23歳の時にこの小説は発表されました。おそらくは誰もがタイトルくらいは知っている、芥川龍之介の代表作、出世作……なのですが、同人誌「新思潮」に発表された当時は何ということもない同人誌作品の一つでした。

古典をベースにした作品で、『今昔物語』の巻二十九「羅城門登上層見死人盗人語」を主体とし、挿話として巻三十一「太刀帶陣賣魚嫗語」も盛り込まれております。

国語の教科書に載る純文学の代表的な作品なので、読まれた方もいらっしゃるでしょう。確か読んだはずだけど、どんな話だったっけ、という方もいらっしゃるでしょう。ということで、いつものようにあらすじを。

スポンサーリンク




羅生門のあらすじ

朱雀大路の羅生門という門の下で雨宿りしていた、とある下人の話です。下人というのは、私的な奴隷みたいなもので、まあ小間使いというか手下というか、そういう人のことです。

この2、3年、地震やら台風やら火事やらで京都はエライことになっておりまして、さびれにさびれて、仏像仏具は打ち砕かれてその端切れが売られたりするような無法状態となっておりました。ついには、泥棒が住みついたり、死体の捨て場として扱われたりと、まあ羅生門はひどいことになっていたのです。

そんな羅生門で下人は雨宿りをしているのですが、下人は数日前に主人から暇を出されており、これといってどこに行くあてもないのです。それどころか、明日どうやって生き延びるかさえ見ていないのです。このままだと飢え死にしてしまうので、これはもう盗人になるより他ない、というところまで追いつめられております。もはやそうするしかないのですが、そうしようという勇気がついぞ出ないのです。

夕暮れの京都は寒さがきつく、とにもかくにも羅生門の楼のところで雨風をしのいで今日は眠ろうかと思うわけです。誰かいるとしても、まあそこには打ち捨てられた死体くらいしかないわけですから、まあ気味は悪いが安全ではあるわけですね。

しかし、梯子をあがって中を覗き込むと、誰かがひとり火を灯してごそごそ動いているのが見えたのであります。

楼の中には、噂の通り、死体がごろごろ転がっていたのですが、その死骸の中に、背の低いやせた白髪頭の老婆がうずくまっていたのです。老婆は右手に火のついた松の木切れを持って、死体の髪の毛を一本ずつ抜いているのです。

恐怖していた下人は、はじめ恐怖していましたが、徐々にそれが怒りに変わって行くのです。先ほどこの先はもう盗人になるしかないと思っていた下人も、盗みを前にして、怒りに打ち震えるのです。

下人は腰の太刀に手を掛け、老婆の元へと、どんと歩み寄ります。当然驚いた老婆は、逃げようとするのですが、まあ男と老婆ですから、適うはずもありません。

「さあ貴様、何をしていた」と下人は問い詰めます。老婆はおそれおののき、黙りこくっております。下人はその姿を見ていると、この老婆の生死を今完全に自分が握っているのだということを思い知ります。

老婆は口を開きます。「髪を抜いて、かつらにしようと思った」のだと。その返答を聞くと、下人の心に何やら冷やかな侮蔑が流れ込んできました。それを察した老婆はさらに続けてこう言います。

死人の髪の毛を抜くことは悪いことかもしれんけど、ここの死体はどいつもこいつもロクなやつらじゃない。この死体の女は、蛇を切って干したのを魚だというて売っておった。それが悪いこととはおもわん。そうしなければ、餓死するしかなかったんやろう。ワシが今この女の髪を抜くのも、同じ事じゃ。こうせねば、死ぬしかない。この女はそれをよくわかってくれるはずで、きっと自分がしたことを大目に見てくれるだろうと。

下人は、ここでひとつの勇気を持ちます。「ならば、俺が貴様の着物を剥いでも恨まないな。俺もこうしなければ、餓死してしまうのだからな。」

老婆の着物をはぎ取り、死骸の上へと下人は老婆を蹴り倒し、梯子を下りて夜の闇へと消えました。下人の行方は、誰も知りません。

『羅生門』の感想と解説

人間のエゴイズムを描いた傑作

というわけで、『羅生門』という物語は、要は下人が盗人を決意するまでの物語なわけです。本作『羅生門』、一般的にはエゴイズムをテーマにした作品とされています。毛を抜く老婆もエゴ。老婆の着物を剥いだ下人もエゴ。善悪を越えて、エゴとは何やらドロドロしていて、おもしろいものですね。で、何故に下人は盗人を決意するのか。その心情の移り変わりとは、いかなるものだったのでしょうか。

ニキビを巡る、解釈めいたこと

そこで、ニキビに着目してみましょう。『羅生門』では、ニキビの話が全部で4回出てきます。下人の右のほっぺたにニキビが出来ているのですね。まずは、夕暮れ雨がやむのを待っていた時です。

下人は七段ある石段の一番上の段に、洗いざらした紺の襖の尻を据えて、右の頬に出来た、おおきな面皰を気にしながら、ぼんやり、雨のふるのを眺めていた。

面皰がニキビです。難しい漢字ですね。まあ、ニキビを気にしていると。

その次は、楼へと続く梯子をあがっている最中です。

羅生門の楼の上へ出る、幅の広い梯子の中段に、一人の男が、猫のように身をちぢめて、息を殺しながら、上の容子を窺っていた。楼の上からさす火の光が、かすかに、その男の右の頬をぬらしている。短い鬚の中に、赤く膿を持った面皰のある頬である。

ニキビのある顔を火の光にさらしていると。

さらに、老婆の告白を聞いている時のこと。

下人は、太刀を鞘におさめて、その太刀の柄を左の手でおさえながら、冷然として、この話を聞いていた。勿論、右の手では、赤く頬に膿を持った大きな面皰を気にしながら、聞いているのである。

”もちろん”ニキビを気にして、老婆の話を聞いていると。

そして、老婆の着物を奪う瞬間。

一足前へ出ると、不意に右の手を面皰から離して、老婆の襟上をつかみながら、噛みつくようにこう云った。

さて、男のほっぺにニキビがあろうとなかろうとこの物語は成立するはずですが、芥川龍之介はあえてニキビをこの下人に与えています。そしてこの羅生門はニキビからの精神的脱却に至るまでの小説なのです。

ニキビは、若者の象徴ですね。下人は若いのでしょう、青いのでしょう。明日、死ぬという状況に追いこまれているはずなのに、ニキビなんぞを気にしているのです。

彼は、悪たるもの、すなわち盗人の老婆に出会います。そして、明日死ぬかもしれないというのに悪事を働く老婆に、やいやい、貴様何をしていると出ていくわけです。

そして、老婆から着物を奪い去る時、盗人の勇気を持つ時、ついに面皰から手を離すのです。悪事を目にし、生き抜くことの正体を下人は知り、彼は悪事を働き、生きることを選びます。

善と悪というのは、案外混沌としているものです。蛇を売っていた女ですが、彼女の干魚は味が良いと結構評判だったようですし。善か悪かというのはもはや物事の捉え方に過ぎません。

善か悪か、ではなく、生か死かを問われていたことに下人はようやく至るのですね。大人になるということ、精神的な成長をしたということかもしれません。ということで、彼は最後に自分のニキビからついに手を放すのです。まあ、なかなかわかりやすい仕掛けが本作には施されているわけですね。

とは言うものの、悪事を働いてでも生きることが正しいのか。とは言え、悪事を働かずに飢え死にすることが正しいのか……。どうなんでしょうね。とかく、人の心というのは善やら悪やらをふわふわ漂っているというわけです。

まあ、そのあたりをテーマにしたら、読書感想文もすらすら書けますね。

失恋が書かせた『羅生門』

時期的に直前に書かれた『ひょっとこ』や『仙人』とはその迫力、描く視点の冷たさ深さは正直なところ、比ではありません。

この辺りの精神的な変化というのは、この執筆当時に芥川龍之介が幼馴染の吉田弥生さんとの恋が成就しなかったことに影響されていると言われています。 この失恋が芥川龍之介を大きく成長させたのでしょう。

恋とはまさしく人間のエゴとエゴのシーソーゲームでして、当人同士のエゴとエゴのみならず、この恋は両者の御家柄、また新原家に生まれた龍之介が芥川家に移った経緯なんかも絡み合い、親のエゴにも相当翻弄されました。善でもなく悪でもなく、あれもエゴ、これもエゴ。

その辺の背景を知ると、ますます若さを捨てて生きていく強さなのか弱さなのか諦めなのか、そうした芥川の心情に迫れるかもしれません。

いずれにせよ、このような永遠の命題を芥川龍之介の『羅生門』は与えてくれます。ぜひご一読あれ。

『羅生門』のラストに関する余談

本作『羅生門』、何回か書き直されておりまして、最終稿の段階で、

短い白髪を倒にして、門の下を覗きこんだ。外には、ただ、黒洞々たる夜があるばかりである。下人の行方は、誰も知らない。

というのが加えられております。最初はただ下人が逃げて終わりだったのですが、下人の行方はだれも知らない、と加えられたのです。なぜわざわざこの一文を加えたのか。

読む者の感情としては、この下人というのがどうも自分の心根の奥の方へ逃げ込んだ気がしてしまいますし、老婆が覗き込んだのも、どうも自分の心の奥を見られているような気がします(私だけ?)。というところで非常に効果的なように感じられますが、まあ、人によっては蛇足と思うかもしれませんね。感想の分かれる難しいところかと思います。

映画化された『羅生門』

最後に。ご存知かと思いますが『羅生門』は1950年にかの黒澤明監督の手によって映画化されております。

こちらは『羅生門』と『藪の中』が混ざったような一作になっており、どうも最初は日本国内では評判が良くなかったらしいですが、ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞、アカデミー賞名誉賞受賞と海外で評価され、後に日本でも評価されるようになったそうですよ。







-芥川龍之介について

執筆者:


  1. […] 『煙草と悪魔』は芥川龍之介が1916年 に著した短編小説です。『羅生門』だの『鼻』だのといった作品と同じ時期に書かれた、かなり芥川龍之介最初期の作品になりますね。『南京と基督』などに代表される芥川ジャンル「切支丹物」のひとつです。 […]

  2. […] 『枯野抄』は『羅生門』など数々の名作を書き上げてきた芥川龍之介が作者の小説です。タイトルである『枯野抄』という漢字の読み方は、『かれのしょう』ですね。枯野の抄です。さて、枯野という言葉・語句の意味はもしかしたら芭蕉の辞世の句として知られている、 […]

  3. […] そんなこんなで書けたデビュー作『羅生門』 […]

  4. […] 『羅生門』のあらすじ、感想、解説とかとか。 […]

  5. […] ゴイチドク2016.03.07『羅生門』のあらすじ、感想、解説とかとか。https://ii-h… […]

  6. […] 芥川龍之介に『ひょっとこ』という小説があります。大正3年12月に発表された作品です。まだ『羅生門』とか書く前の、芥川竜之介としては非常に初期に書かれた短編小説です。 […]

  7. […] 『枯野抄』は『羅生門』など数々の名作を書き上げてきた芥川龍之介が作者の小説です。1918年、大正7年に「新小説」誌上にて発表されました。なお、「新小説」は明治22年春陽堂より創刊された文芸雑誌で、明治29年に再刊されたのち、昭和2年に終刊しています。 […]

  8. […] そんなこんなで書けたデビュー作『羅生門』 […]

関連記事

蟹

芥川龍之介『猿蟹合戦』のあらすじ、感想など。

芥川龍之介は1923年、『婦人公論』において短編小説『猿蟹合戦』を発表しました。あの『猿蟹合戦』ではありません。あの『猿蟹合戦』の後日談を描いたものです。短編小説というよりももっともっと短く、掌小説、 …

或阿呆の一生 芥川龍之介 火花

『或阿呆の一生』の解説、あらすじ、感想とかとか。

『或阿呆の一生』という小説の作者は芥川龍之介で、1927年発表、というか発見された作品です。芥川の死後に見つかった作品なのですね。芥川龍之介の遺書的立ち位置の作品とされております。芥川の最後の思いが込 …

芥川龍之介全集

芥川龍之介『妙な話』のあらすじ、そしてオチを考察。

芥川龍之介に、『妙な話』というタイトルの妙な話の小説があります。1921年、大正10年に『現代』という雑誌に発表された作品です。確かになかなか妙な話で、ぞっとするような不気味さもあります。 芥川龍之介 …

葱

『葱』のあらすじ、感想。

芥川龍之介に『葱』という小説があります。文豪にもなると、テーマ『葱』で小説が書けるもんなんですね。うらやましい感性です。1919年に書かれた作品で、なかなか爽やかで、ささやかなりしエールの込められた素 …

芥川龍之介 鼻 あらすじ 感想 解説

『鼻』のあらすじ、感想、解説などなど。

『鼻』は、芥川龍之介が初期に著した短編小説で1916年に発表されました。今から100年以上も前の作品なのですね。『今昔物語』の「池尾禅珍内供鼻語」および『宇治拾遺物語』の「鼻長き僧の事」を題材に取って …